自分自神。

  • 2018.06.01 Friday
  • 17:44

前回の続き。

 

 

「あぁ、、明日はねぇ、そうだねぇ、、テニスだわねぇ。日曜日に大会だからどうかしら…。」

 

 

 

以前の私なら、「孫よりテニスかよっ!!」とキレてたかもしれませんが。

 

昨日の私は、母のその対応が、何だか嬉しくて。

 

 

 

 

実は私は、子供の頃から、実家が苦手でした。

 

何かわからないけど違和感があって…。

とっても居心地が悪い気がしてたんです。

 

 

「宇宙」を学んだイクコ、今になってようやくその原因がわかりました!

 

 

何だか、我が家には、

みんな我慢して頑張って頑張って…

「私が我慢すれば丸く納まる」感が溢れてたんです…!!!

 

いつも誰かが拗ねてたり、

不機嫌だったり、、

そんなことが多い家でした。。

 

 

今思えばそれは、、、

 

母が、すんごい我慢してたから…!!!!!

 

 

 

 

 

母は、昔、絵に描いた様な「良妻賢母」でしたが、

 

更年期過ぎてから、プツっと何かが切れたように、

突然ワガママになりました。

 

 

「私、親戚付き合いとかしたくないから、結婚式も出たくない」

「私、お母さんやめます!放っといて!!」

 

 

私からしたら、

優しくてしっかりした母に

何が起きたのか、意味不明で、

 

その時は、ただただ母に対してブチ切れ、

「この人とは合わない…」

そう思ってそれから過ごしてました。

 

 

 

 

そうそう、私、最近、何を隠そう、

「子宮推命」とやらに興味があって、

習ったわけではないんですが、

 

自分や、家族、身近な人の命式を見ることにはまっております。

 

 

 

私の母。

…ぜんっぜん良妻賢母タイプの人じゃないんですよ。。笑

 

運動行動挑戦!

本当は、キャリアウーマンが向いているような人。

 

人に合わせるのはできても、

「人の為」を喜びとするような人間じゃなかったのです。

 

 

そんな母が、家庭に入り、

夫のため、子供のため、

専業主婦で子供3人を育て上げ、

(なんならその子供に扱き使われ…笑)

 

テニスをすることでなんとかバランスをとっていたようですが、

そりゃそりゃしんどかっただろうな…

 

 

 

そして、石見出身の母。(島根県西部)

 

※県外の方の為に解説しておきますと、、

島根県東部(出雲地方)の人間は、

どちらかと言うと「本音」と「建前」を使い分ける傾向があります。

島根県西部(石見地方)の人間は、

思ったことをすぐ口に出しちゃう…言わば、裏表のない人が多いです。

 

 

出雲に嫁に来て、人の本音が分からな過ぎて、

人間関係においては、かなり痛い目にあったようです。。

 

 

 

母の夫(つまり私の父)は、

高校の教員だったので、

「先生の妻」というポジションで、

それなりに、

「ちゃんとしなきゃ!」

って、良妻賢母に徹してきたんだろうな…。

 

 

 

そうやって、本来の自分を

少しずつ、少しずつ…

 

押し殺して…

 

 

別人として生きる…。。

 

 

 

…想像しただけで…

 

地獄。。。

 

 

 

 

 

そう言えば、

何度か私も、スピリチュアルブームの時に、

「視える人」に母のことを視てもらったりしてました。

 

その時は全くピンと来なかったのですが、

 

「お母さん、相当我慢してらっしゃるね。」

と言われたのを覚えています。

 

 

 

 

…あれ、長いぞ…!?

自叙伝書いてんのか…!?笑

 

 

 

…続く。(引っ張るよねぇ。。笑)

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM